80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、気に留まった話を覚え書きしていきたいです

覚えておきたい 5つの「くも膜下出血」の予兆

死亡リスクのほかに後遺症の危険性も高いくも膜下出血。脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)が破裂するまで基本的に無症状だが、わずかな予兆も。 ■くも膜下出血の5つの予兆 □経験したことのない激しい頭痛□頭が持っていかれるような感じ □何かが頭の中ではじ…

マッサージに行っても、すぐ肩こりがぶり返すのはなぜ?

肩こりはつらいですよね。肩こりがひどくなってマッサージに駆け込む人は多いですが、「マッサージに行っても、すぐにまたぶり返してしまう」という話もよく聞きます。 マッサージだけに頼って肩こりを解消しようとしても、根本的な解決にはなりません。相談…

コロナ死の8割超が軽症・中等症から

新型コロナ第3波が猛威を振るっている、重症者数も過去最悪の水準で推移。 驚くことにコロナ死の大半は、重症者ではなく、軽症・中等症扱いの患者であることが分かった。軽症患者の容体が急変し、死に至るケースが予想外に多いのだ。 コロナ死は懸命の治療…

原因不明の痛み・不調が続くときに疑われる「心身症」とは?

皆さんの中に、身体の不調があり、病院で治療したのにも関わらず、その病気の発症の原因がわからない病を経験したことはないでしょうか。病気などではなく、例えば肩や首、腰の痛みが湿布などを処方された後も原因不明の痛みにずっと悩まされているというも…

ビタミンD不足を防ぐために日光を浴びるなら何時ごろがいい?

骨の強化や筋力の維持に欠かせないビタミンDは、食事からとる以外に、紫外線を浴びることで皮膚でも合成されます。 では、次の3つの時間帯を皮膚でのビタミンD合成量が多い順番に並べると 12時 ⇒ 9時 ⇒ 15時 です ●骨の強化に加え、がんの予防でも注目高まる…

例年流行する12月が近づくノロウイルス 正しい対応方法

ノロウイルス感染症とは、病原体に汚染された食品などから感染する「経口感染」などで広がる感染症です。流行のピークは12月で、1~2日の潜伏期間を経て、吐き気、嘔吐、下痢などの症状が出ます。症状は数時間から数日で収まり、余程のことがない限り重症化…

だしパックの煮すぎが原因? 保育園の給食で食中毒

墨田区内の保育園で給食を食べた1~6歳の園児28人に、一時的に腕や顔に発疹などの症状が出たと発表した。 墨田区保健所は、きつねうどんのスープから検出された化学物質「ヒスタミン」が原因の食中毒と断定。給食の調理業者が、ヒスタミンが入っていた市…

過度なストレスを抱えている5つのサインと対処法

ストレスとは、精神的および感情的なプレッシャーに対する体の反応です。体は、”闘争・逃走モード”に備えるため、ホルモンや化学物質を体内に放出するのですが、これが非常に厄介な副作用となるわけです 症状には個人差がありますが、鼓動や呼吸の速度が加速…

あきらめがちな「ひどい肩こり」実は隠れた病気の可能性

もはや現代病ともいえる肩こり。多くは筋肉の緊張が原因だが、ほかの症状が伴うようなら、下記のような病気も考えられる。 ●リウマチ性多発筋痛症 50歳以上の大人の女性に多く発症する、原因不明の炎症性疾患だ。肩から首の痛みに加え、発熱、腰や大腿部、四…

ビタミンCって1日にどのくらい取ればいい?

そもそも、ビタミンCとはどのような栄養素なのでしょうか。まず挙げられるのは、免疫力アップ。風邪をひいたときにはビタミンCを取るといいといわれるように、ビタミンCには体全体の免疫力を上げて、風邪や肌トラブルを防いでくれる効果があるのです。加えて…

胸部、乳首がかゆくなる理由

かゆみが生じると困る部位の中で、乳房と乳首は上位を占める。 かゆみに悩まされているのであれば、医師の診察を受けるのが最善。 ・皮膚炎 「湿疹は、環境暴露によって症状が悪化する遺伝性皮膚疾患であるケースが多い」 湿疹はかなり特殊な見た目をしてい…

実は誤診されやすい「認知症」代表的な4疾患

以前、認知症を痴呆と呼んでいた頃には、日本人にみられる痴呆は大部分が血管性痴呆で、アルツハイマー型痴呆は少ないと言われていました。 ところが、最近では欧米人と同じく日本人にもアルツハイマー型認知症が多くみられるようになり、日常診療においても…

食後30分は、歯を磨かない方がいいって本当?

歯の表面にはプラーク(歯垢)という細菌のかたまりが付着しています。食事にはたとえ砂糖が含まれていないものでも糖分が含まれており、そのまま放置するとプラーク内の細菌が糖分を吸収して酸を作り、それが歯を溶かす原因と考えられています。これを防ぐ…

歯ぐきマッサージ習慣 口臭や歯周病対策に 

歯磨きは毎日ちゃんとしている、と自信を持っている人でも「歯ぐきのケアをしている?」と聞かれると、答えに詰まるかもしれない。 「25歳を過ぎると、虫歯よりもむしろ気にすべきが、歯ぐきの病気、歯周病」 「歯周病は口臭の原因になるだけでなく、歯ぐき…

「疲れやすい」「体重が減ってきた」のはあるサインかも

最近どうも疲れやすい。体重が減ってきた。病気ではないけれど、調子が出ない。そんなふうに感じているなら、それは「フレイル」の一歩手前かもしれません。 フレイル(虚弱)とは、加齢により、体重の減少、疲れやすさ、筋力の低下など心身の衰えがみられ、…

本気で助けを求められた時に絶対にしてはいけない3つの話題

「誰もがストレスを抱えて生きている現代、いつ『死にたい』と打ち明けられても不思議ではありません。想定したくはないことですが、その時に慌てないためにも、最低限の知識を持っていてほしい」 自殺したいと考えることを「希死念慮」というが、この気持ち…

5人に1人が「認知症」…「加齢が原因の物忘れ」との違い

人は前期高齢者といわれる65歳頃から、身体も脳も加齢とともに確かに老いていきます。認知機能が「正常(Successful Aging)」な老い方といえる人から病的な「認知症(Dementia)」状態の人がいます。 また、その中間的な軽度の認知症である「軽度認知障害(…

「老化」が進む人の毎朝食べているもの

血管にダメージを与えて老化させる大きな要因は2つあり、1つは「糖化」、もう1つは「酸化」です。それぞれについて、説明していきましょう。 「老いる人の習慣」としてよくあるのが、次の3つです。 1.「コーヒー、紅茶には砂糖を欠かさない」2.「購入するペ…

体外受精で赤ちゃんが産まれる「確率」は6%未満

日本産科婦人科学会の最新報告によれば、体外受精の治療件数は年々増え、2018年は過去最多の45万4893件に対し、生まれた赤ちゃんの数もこれまでで最も多い5万6979人。しかし、最終的に出産できた数を示す「生産率」は、ここ10年で下向きに推移しており、2018…

認知症になった親の権利を守る 成年後見制度で出来ることと出来ないこと

認知症になった親を法的に支援する制度として「成年後見制度」があります。成年後見制度のうち、「法定後見」を利用した場合の親の財産管理を中心に説明します。 法定後見では、「被後見人・被保佐人・被補助人」となる本人と、家庭裁判所から選任されて「後…

心療内科、精神科の違い 病院選びで知っておくべきこと

メンタルクリニックといっても、精神科などさまざまな診療科があります。何かの症状や気分の落ち込みなどに見舞われた場合、どの科を受診すればいいのかわからない方が多いと思います。 そこで、まずは症状別に、どの病院を受診するのが最適なのかをお話しま…

ウイルス集めるなら空気清浄機は「エアコンの真下」

新型コロナウイルスの感染拡大で関心が高まっているという、空気清浄機。 置く場所に悩むという声も聞くが、部屋のどこに置くのが正解なのだろうか? そのような中でシャープが行った検証の結果、空気清浄機が最も効率的にウイルスを集めることができたのは、…

掃除してもまだ臭う…見落としがちな「トイレ汚れ」の意外な落とし穴

意識せずに日常的に使っている空間「トイレ」。 頻繁に使うその空間が「不快な臭い」で充満していたら、トイレに向かうたびにゲンナリ…ですよね。 あの「不快な臭い」は基本的に用を足したものがトイレに残っているのが原因です。 では、排泄物は流せばキレ…

白内障にかかっている人に現れやすい症状

白内障は、60代で約80%、80代でほぼ100%と、だれもが罹患する病気です。根治には手術が必要ですが、近年では技術面でも飛躍的な進歩を遂げ、安全性は向上しています。とはいえ、重要なのはその後のQOLです。術後に快適な生活を送るには、患者に適合したレ…

「乳首に毛」は病気の可能性

体質で個人差があるもの。出産前後に毛が増えたり、濃くなったりする人もいる。 「デリケートな部位なので、自分で抜いてしまうと炎症を起こすこともあり、おすすめしません。毎日剃るのも避けましょうね。剃毛すると皮膚の角層が剥がれて無防備な状態になり…

上皇陛下の執刀医が教える「肺炎で重症化する人」

気温の低下に伴い、今年の秋から冬にかけては「肺炎」がこれまで以上に注視されています。いうまでもなく、新型ウイルスによる重症肺炎で重症化する人が相次いだことからです。 そもそも肺と心臓は“セット”といえる臓器ですから、肺炎は心臓病とも深く関係し…

1秒間に6回「タ」が言えない人は、筋肉量の低下と老化が進んでいる可能性

うまくかめない、飲み込めない「オーラル・フレイル」とは オーラル・フレイル」について、ご説明をしたいと思います。 オーラルは「口」という意味です。「口がフレイル」は、すなわち食物がうまく噛めない、飲み込めない、誤嚥をするといった現象を総称し…

痛い治療は何だったのか…「虫歯」は一生治らないって本当?

Q.「虫歯も歯周病も治らない病気」というのは本当ですか。一生治らないということでしょうか 宮本さん「『虫歯も歯周病も治らない病気』というのは本当です。発症して、治療をして症状が治まっても一生、完治はしません。皆さんは虫歯について、『歯に穴が開…

栄養士がおすすめ。長生きするために食べたい食材

環境、家族の既往歴、年齢など、寿命に影響を与えうる要因は様々だが、食事と寿命の間に非常に強い関連性があることを裏付ける研究は数多くある。 「果物や野菜には、心臓病や脳卒中、一部のがん、慢性呼吸器疾患、肥満のリスクを軽減する化合物が含まれてお…

スズメバチが活動期に 猛暑で巣が小型化、見つけにくく

スズメバチが活発に動き回る季節を迎えている。今年は猛暑の影響で個体数が減少している一方、巣が小型化して見つけにくくなっているとみられ、岡山県内では知らずに近づいて刺され、救急搬送される人が後を絶たない。野山に出掛ける機会が増える行楽シーズ…