80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

花粉症で起きる皮膚のトラブル、三つの原因

花粉症に悩まされるシーズンです。くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどさまざまな症状がありますが、目の周りが赤くはれる人も。

 

一つのアレルギー疾患から次々とほかのアレルギーが発症してしまう現象をアレルギーマーチと呼びます。このアレルギーマーチの概念は、1998年、日本人医師である馬場実先生が提唱されたものです。

 

 当時、アレルギーマーチの起点は食物と考えられ、そこからアトピー性皮膚炎、喘息、鼻炎などが発症すると思われていました。

 ところが、Lack博士が二重抗原暴露説を提唱したことによって、皮膚からのアレルギー誘導がメインとする考え、いわゆる経皮感作がアレルギーマーチの起点と考えられるようになりました。つまり、まずアトピー性皮膚炎がおき、そこから喘息や花粉症などが起きるとする考えです。

 

 さて、花粉症があるアトピー患者さんはこの時期、目の周りの赤みが増強します。そして、アトピー患者さんは目の周りの特徴的な所見が目立つようになります。

アトピー患者さんだけでなく、一般の人も花粉症の時期、目の周りが赤くはれることがあります。そこで今回は注意すべき目の周りのかゆみについて、三つの原因を解説したいと思います。

 

 

1. 目のこすりすぎ
 原因でまず一番多いのは目のこすり過ぎではないでしょうか。花粉症で起きた目のかゆみを、手でゴシゴシこすってしまう。まぶたのあたりまでかゆくなって爪を立ててかきむしってしまう。そうなると当然、炎症は目の結膜だけでなく、周辺の皮膚に波及します。

 

2. 花粉アレルゲンによる直接の反応
 スギ花粉でアレルギー反応が起きる人は、花粉の成分に含まれるCryj1とCryj2が主なアレルゲンと考えられています。これら花粉のアレルゲンはタンパク分解酵素活性を持っており、大量に付着するとバリアー機能を破壊することが試験管レベルの研究で報告されています(文末に参考文献)。この研究は犬の腎臓細胞を用いた実験ではありますが、花粉が破壊するバリアー機能に関係する分子は人の皮膚でも共通しており、スギ花粉が皮膚に多く付着すると皮膚の炎症を起こす可能性があります。

 

3. 目薬、化粧品に対するかぶれ
 忘れてはいけないのは、花粉以外で起きる皮膚のトラブルです。たまたま花粉症の時期に重なって症状が出現しただけで、目の周りのかゆみはほかの原因の場合もあります。一番多いのは、目薬によるかぶれ。新しく目薬を使い始めた時期と目の周りのかゆみが出現した時期が一致していませんか? 目薬のかぶれは、その目薬を使い続けている限り症状が続きます。体が慣れてかぶれが治ることはまずありませんので、市販の目薬の場合は中止し、病院で処方されている場合は勝手にやめず主治医に相談することが大事です。

 

症状が長引いたり、日に日に悪化する場合は安易な自己診断をせず、しっかりと専門医に受診することをおすすめします。

 

体の不調、実は「洗濯物の香り」が原因かも

着物に香りをたきしめるという文化の名残ゆえか、洗濯まわり用品が大ヒットしている。一方で、香りにまつわる健康被害が増加。

 

 

2017年の夏、日本消費者連盟(東京・新宿)が「香害110番」という相談窓口を2日間限定で設けた。その結果、想像を超える相談件数が集まったという。ここでいう“香害”とは、公害になぞらえ、香りに関係する健康被害を指している。香水や芳香剤、そしてこのところ急増しているのが、洗剤の香りによるものだ。

 

 

欧米では認知が広がり始めている「化学物質過敏症」だが、日本ではまだまだ認知度が低く、治療できる医療機関も限られているという。

 

「香りの強い洗剤や芳香剤がいい香りと思う方もいるのでしょうが、強い香りが刺激になり、体にさまざまな症状が出る方が少なくありません。そういう方の多くは、まさか洗剤、まさか柔軟剤と思わずに使い続けています」

 

 

「病院で受診しても原因がわからず、うつなど、ほかの診断をされてしまうこともあります。症状は人によってさまざまですが、頭痛、吐き気、咳、くしゃみ、かゆみ、イライラ、呼吸しにくい、下痢、気分の落ち込みなど、挙げたらキリがありませんね」

 

 

なぜ強い香りが体に影響を与えてしまうのだろう? それは、嗅覚が脳に直結しているからだ。解剖学では鼻を“飛び出た脳”“露出した脳”と呼ぶ医師もいる。動物の多くがニオイで危険や獲物をキャッチするように、人間もニオイで多くの情報をキャッチする。香りによってリラックスできたり興奮したりするのも、脳に直結して作用するからだ。

そんなデリケートな部分に強い刺激を与えれば脳が敏感に反応し、体のさまざまな部分に過剰に警告を出してしまうのも当然である。

 

 

「いい香りを演出するあまり、さまざまな化学物質が使用され加工されているため、それらに反応してしまう人が少なくないわけです」

ある日突然不調を感じ、思い当たる原因がないようなら、香りを疑ってみてもいいかもしれない。最近ではオーガニックの洗剤や柔軟剤も増えているので、試してみるのもひとつの手段だ。

 

 

 

 

私は強い香りが苦手なので香りの弱いものを孫に選んで買ってきてもらっておりますが、匂い残りなどを消せる香り付きが重宝されるのも分かります

便利な世の中になっても、どこかでその弊害が出るのは世の常なのでしょうか

 

頭痛と区別しにくい眼痛、「失明の危機」

知っておきたい 急性緑内障発作のチェック法

 

 「緑内障」は、眼圧(目の硬さ・目の中の圧力)が上がることで、視神経に異常をきたし、視力低下や視野狭窄、最悪の場合は失明につながる病気だ。

 

年齢が進むほど罹患率が上がり、日本緑内障学会の疫学調査によれば、40歳以上の日本人は「20人に1人」の割合で緑内障に罹患しているという。中でも「急性緑内障発作」は発症からの進行が速く怖い疾患なのに知名度が低い。

 

 

 患者はいかにして身を守ったらいいのか。日本有数の眼科専門病院『井上眼科病院』(東京都)の院長で緑内障に詳しい井上賢治医師に話を聞いた。

 

 「深刻な事態を回避するには、早く発見することが非常に重要です。ところが頭痛や悪心・嘔吐が強い症例では、眼科以外の診療科を受診することも少なくありません。  救急搬送された場合には、患者さんに頭が痛いと言われたら、やはり頭痛をメインに検査を進めることになります。頭痛には脳出血など、命に係わる緊急性の高い病気がありますからね

 

 

目の痛みと頭の痛みは患者さん自身には区別がつきにくいので、眼科以外の医師にも、急性緑内障発作のことを知っておいてほしいです。頭痛を訴えている患者さんであっても、頭痛の検査だけではなく、目の状態について問診したり、片目ずつ見え方をチェックしたりしてもらえれば、異常に気付けるのではないかと思います」

 

 

 救急車を呼ぶ前に、患者自身でできるチェック法はないのだろうか。

 「瞼を閉じ、眼球を軽く押さえてみるといいでしょう。眼圧というのは、目の中を循環している水の圧力なのですが、急性緑内障発作が起きている時にはかなり眼圧が上がっているので、硬さの違いがすぐにわかります。特に、セイジさんのように右目が正常で左目の眼圧が極端に高い場合には、違いがはっきり感じられるはずです。

 

 

 見え方も、片目ずつ確認することで、異常を見つけることができます。人は両目で見ていると、片方の視野が欠けたり、かすんだりしていても、もう片方の目でカバーしてしまいなかなか気が付けないのですが、片目ずつ見ると違いがわかります。片目ずつ見る検査は、急性緑内障発作に限らず、他の目の疾患を発見するのにも役立ちます」

 

 

 

“特に発症しやすい人”のタイプ

 「もともと目がいい遠視気味の方は、50歳以降要注意です。男女とも発症しますが、女性は男性の約3倍、患者さんがいます。つまり女性の方がなりやすい。

 

今年の近畿の花粉は『飛散量が1.4倍』との予測...医師も患者も例年以上に気を使う“花粉症”

花粉症シーズンに突入しました。近畿ではスギ花粉の飛散量が去年より多くなるという予測も出ていますが、咳やくしゃみに敏感なご時世だけに、患者も医療機関も例年以上に気をつかっています。

 

2月に入ってから、鼻水や目のかゆみなど花粉症の症状を訴える患者の来院が増えているといいます。

(患者)「目がかゆくなったりとか涙目になったりとか。あと鼻水もつまったり垂れたりする。やっぱりコロナ禍なので、マスクを外して鼻をかんだりすると嫌な目で見られることがあるので、そうなる前に抑えておきたくて。」

 

 

去年よりも早くから本格的にスギ花粉が舞い始めていて、兵庫県ではすでに県内4つの観測地点のスギ花粉の飛散量が5段階中もっとも多い警報レベルになったと発表されています。 

 

「2月13日・14日ごろは各地で20℃くらいまで気温が上がりました。4月並みの暖かさが一気にやってきた状況なので、それに合わせて花粉もたくさん飛び始めているような状況です。」

 

新型コロナウイルスが蔓延する中での花粉シーズン到来。梅岡院長のクリニックには「コロナの可能性」を心配する問い合わせが相次いでいるといいます。

そして問診で咳が続いたりなど少しでも疑わしい症状がある場合には、防護服を着用して診察するなど警戒を強めます。

 

 

「鼻づまりに伴っての嗅覚障害など『花粉症の症状だけれど私は本当に花粉症なのかどうか…直接行っていいですか?』と聞かれることがよくあります。花粉症に加えて風邪やコロナというのも否定はできないと思うので、多様な症状の中で可能性がある限り防護服で対応しようと思っています。」

 

近畿の花粉飛散量は去年の1.4倍になるとみられていて、去年は症状がなかった人でも発症する可能性が増します。医師は「花粉症かな?と思ったら早めに受診してほしい」と話します。

 

 

 

米でワクチン接種した日本人医師「筋肉注射だが痛みない」…副反応は肩こりと筋肉痛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人や私のような歳の人間はこの予防接種を受けていいのかまだ分かりませんが、それほど重い副作用はないということでしょうか

水虫(皮膚真菌症)は放置しないで…慢性化のおそれ 暖房使う冬も要注意

 真菌(カビ)が引き起こす皮膚真菌症は、誰もがかかりやすい病気です。代表的な水虫は、患者が日本人の5人に1人と言われています。放置すると慢性化する恐れがあり、予防と治療を徹底することが重要です

 

 

皮膚に付くカビは、表面の角質をエサにし、温度25~30度、湿度約65%以上のじめじめした環境を好みます。皮膚がこうした状態だとカビは繁殖し、角質に深く侵入しようとします。その際の免疫反応により、水ぶくれができたり腫れたりします。梅雨に発症しやすいとされています

 

水虫(足白癬(はくせん))は、カビの一種の水虫菌(白癬菌)が原因です。温泉施設のバスマット、居酒屋のサンダルなど、不特定多数の人が利用するものに付着していて、足の裏や指の間に感染します。

 

 

 水虫になると、足の皮膚が白くふやけたり、赤くなってむけたりします。足の裏やかかとが硬くなり、痛みやかゆみが出る人もいます。放置すると、症状が慢性化し、治りにくくなります。  水虫菌が足の爪と皮膚の間に入り込むと、爪水虫(爪白癬)を発症し、爪全体や一部が変形します。かゆみは少ないですが、放っておくと水虫を再発させたり、家族に感染させたりします。

 

 皮膚真菌症は、胸の下側やわき、脚の付け根などにも起こります。汗の量が多い人は、皮膚の表面に常在するマラセチア菌により、胸や背中に症状が出ます。

 

 いずれも、赤いぶつぶつができ、かゆみや痛みを伴います。ただ、無症状の人も多くいます。  この病気は、患部とその周囲に抗真菌薬を塗って治療します。水虫の場合、症状が治まるまでに1か月以上、再発を防ぐためには1か月半~2か月以上、薬を使い続けます。

 

皮膚真菌症を予防するには、蒸れやすい部位を丁寧に洗い、よく拭いて乾かすのが効果的です。水虫菌は、足に付いて12~24時間で角質に侵入するとされています。1日1回は足を洗いましょう。

 

水虫には市販薬もありますが、使い方を誤ると治りません。再発や家族に感染させる恐れがなくなるまできちんと治療するには、医師に診てもらう必要があります。薬の塗り方などの指導も受けられるので、気軽に皮膚科を受診してください

 

 

 

 

 

働いていた頃の主人が水虫に悩まされていたのを思い出します

定年を迎えてからは症状が出なくなったと覚えておりますが、今となってはその理由もわかりません

 

 

口内炎ができやすい…原因は?対処法は?

口内炎とは、口内の粘膜が炎症を起こすことで、その要因として「局所的」または「全身的」なものがあります。

 

 局所的とは口腔内の問題で、たとえば歯並びが悪いと、食事のときに口内の粘膜を巻き込んで噛んでしまったり、飛び出している歯が粘膜を刺激して傷ができます。そこから細菌が入って炎症を起こすのです。

 

また、入れ歯を清潔に扱ってなかったり、虫歯治療の銀歯による金属から起因したアレルギーで口内炎を起こすこともあります。

 

全身的な原因とは、糖尿病、ストレス、偏食、貧血といった口腔以外の不調によるものです。持病の服用薬が影響する場合もあります。免疫抑制剤ステロイド、降圧薬、睡眠薬などには唾液を抑える成分が含まれており、粘膜の再生を妨げるので傷ができやすくなります。

 

 

 口内炎がすぐできるという方は、歯科医院または持病のかかりつけ医を受診し、原因を追求する必要があります。銀歯をセラミックに替えたり、飲み薬を見直してみることで、口内炎ができなくなった患者さんはたくさんいます。

 

ただし原因と思われるものを処置してから、2週間様子を見て改善されなければ、専門病院を受診してください。口内炎が、大病のサインであるケースもあるからです。通常、口内の粘膜は2週間あれば再生しますから、目安になります。

 

 たとえばがんの初期症状の場合、舌や口の中の粘膜が荒れていたり、ただれた状態になります。また、頻繁に口内炎ができる人は今は問題なくても、対処せずに放置していると20~30年後にがん化するリスクもあります。

 

 

ほかにも「扁平苔癬」という慢性炎症性疾患である可能性もあります。難治性口内炎のひとつで頬粘膜の両側に白い網状の病変を形成することがあるのです。難治性と診断された方は、熱いものや辛いものを食べたり、会話で粘膜に刺激を与えると痛みを感じ、一生付き合う人もいます。

 

 

 日頃から口内炎ができやすい人は、食事時に緑黄色野菜、ビタミンA、B、C、Eを摂取し、十分な睡眠とストレスをためないように意識しましょう。