80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、気に留まった話を覚え書きしていきたいです

冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く

熊本県芦北町佐敷地区で犠牲となった酒井民子さん(82)は4日未明、押し寄せた濁流に首までつかり、姉の大瀬妙子さん(87)らと抱き合って約5時間耐えたが、力尽きた。

 

 4日午前3時過ぎ、大瀬さんは猛烈な雨の中、隣で1人暮らしをしている酒井さんを起こしに行った。耳が遠い酒井さんを夫と2人で寝室から外に引っ張り出したが、その時にはベッドの高さまで水が押し寄せていた。水かさはどんどん増して1階が水没した。

 

 3人は玄関横の物置に入り、荷物に上った。物置の屋根を突き破ったが、迫る水に首までつかった状態で身動きが取れなくなった。元々体が弱い酒井さんは、はじめは呼びかけに応じていた。だが、冷たい濁流に体力を奪われ、助けを待っているうちに口から泡を吹き、反応がなくなった。自力で踏ん張れなくなった酒井さんが流されないように大瀬さんと夫は、酒井さんの体を抱き、手を握り締めて、懸命に耐え続けた。

 

 約5時間後の4日午前9時ごろ、近所の人がカヌーで助けに来てくれ、酒井さんを民家に運び込んだ。しかし、酒井さんは息を引き取った。

 

 大瀬さんにとって、酒井さんは小さなころから男の子たちとチャンバラをする活発な妹だった。若いころは陸上やソフトボールの選手として活躍し、草野球の監督も務めた。友達が多く、地域の人にも愛された。年を取ってからも「姉ちゃんの世話にはならん」と口癖のように話していた酒井さん。そんな妹を思いながら、大瀬さんは「自分が最後まで世話をしてあげられた」と語った。

 

 「自分が生き延びることで精いっぱいだった。何とか妹の火葬だけはしたが、葬儀は落ち着いてからでないとできない」。大瀬さんは寂しそうに話した。

 

 

 

昭和の初めに比べ格段に河川の氾濫などの話は少なくなったと感じますが、平成も終わった現在でも起こりうるということに心が痛みます

子や孫の世代がこういった災害で命を落とすことがない治世になってくれることを願います

 

鹿児島「夜の街」に休業要請へ

鹿児島市のショーパブで新型コロナウイルスクラスター(感染集団)が発生したことを受け、鹿児島県の三反園訓知事は6日、8日から2週間、接待を伴う飲食店に対し、県全域で休業要請を実施する方針を明らかにした。

 

 対象はナイトクラブやスナック、パブなど。協力した中小企業や個人事業主には最大30万円の協力金を支給する。三反園知事は「同様の事態が発生すれば、医療体制が逼迫ひっぱくすることが考えられる。クラスターの連鎖を防ぐための措置だ」と説明した。

 

 鹿児島市では繁華街・天文館にあるショーパブ「NEWおだまLee男爵」でクラスターが発生。従業員のほか利用客とその職場の同僚などに感染が広がり、同店に関わる感染者は5日時点で80人を超えている。

 

 

 

 

医療体制が貧弱な地域ではまず感染させないことが肝要と見受けます

地方では都市部に対してそのあたりの意識していると感じられます

西日本から東北、7日にかけ大雨警戒

気象庁によると、6日から7日にかけて、西日本から東北の広い範囲でも大雨の恐れがある。

 

局地的に猛烈な雨に見舞われる所もあり、同庁は「3日からの大雨で地盤が緩んでいるところもある」などとして、土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒を呼びかけている。

 

 

 同庁によると、7日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国の太平洋側で300ミリ、近畿中部と近畿南部、岐阜、静岡県で250ミリ、甲信で200ミリ、関東南部で180ミリ、東北の日本海側で100ミリなど。

 

 

 前線は8日以降も本州付近に停滞するため、引き続き警戒が必要としている。

西村氏、都と隣接3県に対策要請

東京都での新型コロナウイルス感染者増加を受け、経済再生担当相は5日、埼玉、千葉、神奈川の3県知事とテレビ会議を開き、ホストクラブなど接待を伴う飲食業への集中した対策が重要だとして、3県でも徹底するよう呼び掛けた。

 

一方で「直ちに緊急事態宣言を出すような状況ではない」と説明した。 3県の知事は、いずれも都での感染拡大が自らの県に及ぶことへの危機感を表明した。

 

 埼玉県知事は「(国や他県と)緊密に連携し、拡大防止策に取り組む」と語った。  感染者の多くは接待を伴う飲食業との関係が指摘されている。

 

 

 

以前のような厳粛な対応を取りづらそうにしているのを感じます

やはり経済を止めることに対して億劫になっているからでしょうか

WHO「2週間以内に治験結果出る」

世界保健機関は3日、記者会見し、新型コロナウイルスの治療薬候補の暫定結果が2週間以内に出る見通しだと述べた。

 

 この日の会見は国連欧州本部記者会が主催し、約3カ月半ぶりにWHO本部に記者たちを入れて行われた。

 

 「連帯治験」はWHOが設けた国際協力の枠組みで、39カ国が参加し、5500人近い患者が協力。エボラ出血熱のために開発されたレムデシビルや抗HIV薬など、既存の薬が新型コロナウイルスに効くかを試す5部門で進められ、このうち抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンについては治療薬としての研究を既に止めた。

 

 テドロス氏は会見で「科学は世界の公共の利益だ」と述べ、治療薬やワクチンの公平分配を重視する考えを強調した。

 

 

 WHOの緊急対応責任者マイク・ライアン氏は同日の会見で、ワクチン実用化の見通しについて「今の段階で予言するのは賢くない」とする一方、「年内に効果を示すワクチンが出るかもしれない」と述べた。また「治験と並行して生産態勢を整えられるかどうかが問題だ」と語った。(ジュネーブ=吉武祐)

マイナポイント、多難な船出 トラブル相次ぐ

マイナンバーカードを用いた政府のポイント還元の申し込みが1日から始まったが、一部の決済サービスが申し込めないなど、トラブルが相次いでいる。

カードがうまく読み取れないなど、慣れない手続きに利用者からは戸惑いの声もあがっており、対応に追われている。

 

 

 総務省によると、ほかにも複数の決済サービスで一時的に申し込みができない状況が発生した。1日には約21万件の申し込みがあったといい、マイナポイントのホームページにはアクセスが集中してつながりにくい状況となり、同日午後にサーバーを増強するなどの対応に追われた。

 

 セブン-イレブンに設置された申し込み用のマルチコピー機でも申し込みができないトラブルが発生した。総務省などによると一連のトラブルは2日までに解消されたという。

 

 一方で、利用者からは制度の分かりにくさを指摘する声も相次いでいる。特に多いのがスマートフォンマイナンバーカードが読み取れないという指摘だ。川崎市の会社員の男性(30)も「30分くらいかけて10回以上挑戦したが、すぐにエラー表示が出てしまう」といらだちを隠せない。

 

 インターネットのSNS(会員制交流サイト)でもこうした書き込みは多い。総務省の担当者によると、申し込みの途中でスマホをカードから離してしまう人が多いのだという。スマホは手で持って操作する習慣があるため、スマホを操作する際にカードから離してしまう人が多いとみられ、担当者は「机の上などでカードにスマホを置いた状態で操作すればうまくいく」と説明する。

 

 ほかにも選んだ決済サービスによって申し込み方法やポイントの還元方法が異なる点や、申し込み開始時点で118サービスのうち50サービスしか準備が整っていないなど、対応の遅れを指摘する声も目立つ。

 

 

 総務省はホームページのQ&A集を改善するなど対応を急ぐ方針だが、今後は事業に乗じた詐欺などの発生も懸念され、前途多難の船出となっている。

東京都で新たに107人の感染確認 連日の最多更新

 今日、東京都が確認した新型コロナウイルスの感染者数は107人だということです。

1日の感染者の数が100人以上になるのは、5月2日の154人以来、2カ月ぶり。

 

 

 都内での感染者数は、先月の下旬以降、毎日50人を超えていた。

都庁ではきょう対策本部会議を開いたうえで、夕方には小池都知事が緊急で会見を開く予定。

 

 都は数値目安を設けない、新たな新型コロナウイルスのモニタリング基準を6月30日に決定している。

 

 

 新規陽性者数、東京救急相談センターへの発熱相談件数など7つの項目を週1回程度、感染症の専門家が分析し、状況悪化と判断された場合は不要不急の外出自粛などを都民に呼びかけるとしている。