80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

誰もがなりうる白内障 手術の進歩

目の中でレンズの役割をする水晶体が白く濁って見えにくくなる白内障。個人差はあるが、年齢を重ねれば誰にでも起こりうる。生活改善で予防に努めつつ、症状が進んだ場合は手術治療のタイミングも探りたい。

水晶体には透明なタンパク質が含まれている。金沢医科大学病院眼科の教授は「加齢による酸化や糖化といったストレスにより、このタンパク質の構造が変化して少しずつ白濁するのが白内障」と解説する。

80代になると、ほぼすべての人に症状がみられるという。 確実に症状の進行を止める治療薬は今のところない。

途上国では中途失明の原因第1位といわれている。ただ先進国では濁った水晶体を人工の眼内レンズに置き換える手術治療が成果を上げている

 

 

 

治療技術も進歩し続けている。濁った水晶体を超音波で砕いて吸い出す超音波乳化吸引術が登場し、1990年代には主流に。やわらかい眼内レンズを折りたたんで挿入する技術も進み、従来に比べて切開する部分が小さくすむようになった。 眼内レンズは高性能のものが次々と登場している。よく使われる単焦点レンズは遠くか近くかひとつの距離にピントを合わせるタイプ。このため日常生活では眼鏡を必要とする場合が多い。

近年は遠くにも近くにもピントが合う多焦点レンズが選べるようになった。手術は基本的に保険適用外で、2020年3月までは「先進医療」の対象。ただ20年4月からは「選定療養」という枠組みの中で一部は保険適用となり、経済的負担が軽くなった。

国内での白内障手術は年間100万件を超え、その後の生活への影響に関する研究も進む。根岸教授らは白内障手術を受けた高齢者が「よく歩けているか」(歩行速度)、「よく眠れているか」(睡眠の質)などのデータを解析。視力だけでなく、全身の健康指標が改善していたとの結果を報告している。 奈良県立医科大学では白内障手術を受けた高齢者が受けていない人に比べ、軽度認知障害(MCI)になりにくい傾向がみられるという研究結果をまとめている。

 

 

 

手術を受けるタイミングについて根岸教授は「手術を受ける患者の負担は軽減されてきたが、術後の感染や出血など合併症のリスクはある。仕事や日常生活に支障を感じた段階で眼科医に相談してほしい」と助言する。


手術治療のタイミングを見極めるためにも眼科での検査は重要だ。白内障の進行には個人差があるうえ、糖尿病やアトピー性皮膚炎の患者などは症状が早く進む例もある。久保特任教授は「進行は視力検査だけでは分からない。定期的に白内障検査を受けるとともに、予防も心がけるようにしよう」と訴える。

 

コロナ渦で激増の腰痛 「床に近い生活」は厳禁

日本で腰痛に苦しむ人はおよそ2800万人、40~60代の実に4割ほどの人が腰痛で悩んでいるといわれている。とくにコロナ渦でのリモートワークで、デスクに長時間座りっぱなしのライフスタイルから、若者でも腰痛に悩む人が増えている。 腰痛にならないためのデスクワークのこつはあるのか。もしなったらどうすればいいのか。

 

 

そもそも腰痛の原因とは?

そもそも腰痛にはなぜなるのか──。犬でも腰椎椎間板ヘルニアになりますが、やはり二足歩行の人間の方が多い。それは、腰が重みに耐えかねるからです。「腰痛は2本脚で歩く人類の宿命」といわれているくらいです。

 

また、遺伝的に「なりやすい体質」は、残念ながらあります。

また、椎間板は頚椎から腰椎まで背骨の間にありますので、頚椎の変性が進んでいる人は腰椎も2倍以上、椎間板の変性が進むことが報告されています

 

仰向けに寝ていると圧力は25、もっとも低くなり、立っているときが100となります。座っていて前にかがむ、いわゆる環境の整っていない自宅でのリモートワークの姿勢を取った場合は、立っている場合の実に1.85倍もの負荷が腰椎の椎間板にかかることがわかります。

 

 

 

リモートワークで増える腰痛

それでは自宅でデスクワークを長時間する上で気をつけるべき点について考えてみましょう。 まず、画面とキーボードが一体になったノートPCは、下向きに覗き込む形になるため、首や腰に負担がかかり、あまりよくありません。モニターを利用しましょう。

さらに、キーボードとモニターの距離は、適切に離れていたほうがいいでしょう。

また、椅子に「浅く」座ることは、腰に非常に負担をかけますから、お薦めできません。

 

 

 

腰痛には「床に近い」暮らしはNG。

「洋式」の生活を 「ソファーでリラックスして15分くらい」はOKでも、5~6時間も続けることはよくありません。 腰が痛いからとソファや床に横向きに、脚を投げ出してうつぶせで、の体勢でワークする方がいます。が、基本的に腰の悪い方には「床に近い」動きはお薦めしません。股関節と腰の下に負担がかかるのでよくないのです。畳の暮らしも向きませんね。

「床に近い」暮らしは、立ち上がるときに腰に負担がかかります。病院やリハビリ施設にたいがい、「洋風」の家具、しかも浅くはかけられない椅子ばかり置いてあるのは、そのためもあります。

 

 

深夜に目が覚めてしまう「中途覚醒」 

寝苦しい季節、深夜に目が覚める「中途覚醒」に悩む人は少なくない。入眠障害などと同じく症状のひとつで、年齢を重ねると目立ってくる。朝までぐっすり眠るためにも、その原因や対処法を知っておこう。

 

不眠症には大きく4つのタイプがある。眠るまでに時間がかかる入眠障害、深夜に目が覚めてしまう中途覚醒、必要以上に早く目覚める早朝覚醒、眠った満足感がない熟眠障害だ。

睡眠総合ケアクリニック代々木は「入眠障害は年代による差がそれほどないが、中途覚醒早朝覚醒は高齢者が多い。年をとると睡眠が浅く、分断されやすくなる」と説明する。

 

 

実際に日本大学の調査では「週に3回以上、中途覚醒がある」と答えた40~50代の割合が13%だったのに対し、60代以上は21%だった。 年齢を重ねれば中途覚醒が増えるのは自然とはいえ、できれば減らしたい。対策の第一歩はやはり規則正しい生活だ。毎日同じ時刻に起き、同じ時刻に食事をする。

井上理事長は「今は新型コロナウイルス禍でリモートワークが普及したこともあり、生活のリズムが乱れる人が増えている」と警鐘を鳴らす。オンとオフが曖昧になると、昼間にぼんやりする一方、夜によく眠れなくなるという。

 

 

 

年齢を重ねると、睡眠時間は短くなる傾向がある。1日当たりの平均睡眠時間を調べた海外の研究によると、25歳は約7時間、40代に入ると6時間半前後、65歳では約6時間と、年代が上がるほど短くなっている。

環境の違いや個人差もあるため一概には言えないが、必要な睡眠時間は年齢とともに減るとされる。あまりにも長時間横になっていると、睡眠が浅くなり、中途覚醒が起きることもあるようだ。

ベッドにいるのをまずは30分短くするといった手がある。 寝室の環境づくりにも心を配りたい。中島教授は「体温が上がることでも中途覚醒が起こりやすい」と指摘する。暑い夜にはエアコンを使って快適な気温を保ち、眠りを妨げる光や音といった刺激が入らないようにしたい。

 

 

 

運動の習慣を付けるのも大切だ。定期的に運動している人には中途覚醒が少ないという研究報告もあるという。ストレスも大敵。睡眠が浅くなって中途覚醒を起こしやすくなる。自分なりのストレス解消法をみつけたい。

寝酒は逆効果だ。飲むと一般に寝付きがよくなるといわれるが、睡眠が浅くなってしまい、中途覚醒を招きやすい。睡眠中の脱水を防ぐために水分補給は必要だが、過度にとると、目を覚ましやすくなる。トイレに毎晩起きるような人は水分のとりすぎに注意したい。

心筋梗塞・狭心症の前触れは?心臓以外にも現れる「見落とせないサイン」

日本人の死因の第一位はがんですが、それに次いで多いのが心臓の病気です。なかでも虚血性心疾患は、近年増加傾向にあります。虚血性心疾患の要因としては、加齢や遺伝、そしてライフスタイルの変化があげられます。

 

虚血性心疾患は、心臓の血管を詰まらせることで起こりますが、その詰まりの原因は“動脈硬化”です。動脈硬化は突然起こるわけではなく、数年をかけて血液中に余分な脂肪がたまり、血管の内側の壁にプラークという塊を作り、それがコブとなって血流を妨げるのです。この動脈硬化を招く最大の原因が、ライフスタイルの変化です。

 

 

 

虚血性心疾患から身を守る見落とせないサイン

 

 

また、痛みが出る前や心臓に負担がかかる前に、定期健康診断で肥満ではないか、血圧は正常か、コレステロール値は高くないか、血糖値は高くないかなどをチェックすることも大切です。40歳をすぎるとリスクも高くなってきますから、十分な健康管理が必要です。

 

 

いざという時にはAEDで救命できる

 

 

もしかして認知症? いち早く症状に気づき、進行を防ぐポイント

認知症に気づく3つのコミュニケーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できれば、気軽に行けるかかりつけの病院で検査ができるのが理想ですが、難しい場合は認知機能検査ができる医療機関を選ぶようにしましょう。

認知症専門医がいる医療機関は、日本老年精神医学会と日本認知症学会のホームページからも検索することができます。また、多くの自治体では認知症の研修を受けた専門の医療機関の情報を公開しているので、問い合わせてみるのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

私も90の歳が近づきいつその時が来るのかという怖さと、もしかしたらその時を迎えることなく天寿を全うできるのではないかという望みを持ちつつ日々を暮らしております

家族や周囲の方々に迷惑をかけずにいられればそれが一番の望みでございます

「加齢で脳が衰えるのは仕方ない」は間違い! 脳医学者が解説

「最近、もの忘れがひどくなった」「言葉がスッと出てこない」「集中力が続かない」……。中高年になるとこんなふうに感じる場面が多くなってくる。年を取れば脳のパフォーマンスが落ちてくるのは仕方ないと思うかもしれないが、東北大学加齢医学研究所教授の瀧靖之氏は「それは大きな間違い」と指摘する。

 

「脳は何歳からでも成長できます」と言う瀧氏は、幼児から大人まで、実に16万人もの脳のMRI画像を読影・解析してきた脳医学者だ。認知症予防の研究にも力を入れているが、「老化現象だからと諦めるのではなく、楽しみながら脳の機能を維持することは可能」と主張する。

 

 

まず、脳の健康維持や認知症の予防のために重要なこととして、特にエビデンス(科学的証拠)のレベルが高いものが3つあります。「脳を若々しく保つためにやるといいことトップ3」だと思ってください。それが

 

 

 

「運動」

運動は脳にとてもいいんですよ。専門的な話をすると、酸素をたっぷり取り込んで行うウオーキングやランニングなどの有酸素運動によって、脳内の血流が増え、それにより脳内で脳由来神経栄養因子(BDNF)、インスリン様成長因子(IGF-1)、といった特定の細胞の成長を促すホルモンが放出されます

 

 

「趣味・好奇心」

趣味にハマっている人は知的好奇心が次々と湧いてきますよね。知的好奇心が強い人ほど、高次認知機能を担う側頭頭頂部の萎縮が抑えられていることが分かったという研究があります。つまり、加齢による脳の機能低下が抑えられるわけです。

 また、知的好奇心が強い人ほど記憶の定着がよくなります。具体的には海馬、腹側被蓋野(ふくそくひがいや)、側坐核(そくざかく)、中脳黒質(ちゅうのうこくしつ)などの活動が高まるといわれています

 

 

「コミュニケーション(社会との関わり」

なぜコミュニケーションや社会との関わりが大事かというと、感情認知、言語、共感性、社会性などに関わる脳のいろんな領域を駆使して行われるからです。

早々にリタイアして生活費の安い地域に移住したいと思っている方もいるかもしれませんが、早期退職をすると60代前半くらいで脳の機能にマイナスの影響を与える可能性があるという研究もあります

 

 

 

 

私は足の具合が良くないため運動はあまり出来ておりませんが、趣味や好奇心といった分野であれば日々インターネットを使って調べものをしたりひとの日記、新聞記事を読んだりしているので同世代の活動的な方々にも負けていないと思っております

早くから娘や孫にコンピュータや携帯電話の使い方を教わっていなければ家ですることもなく私は呆けていたかもしれません

 

突然みぞおちに激痛が走る「急性膵炎」

・普段から酒をたくさん飲む人は急性膵炎のリスクが高い

 

 急性膵炎とはどのような病気なのでしょうか。東海大学医学部付属病院消化器内科診療科長の鈴木秀和さんは「膵臓で作られている消化液である膵液が、なんらかの原因で逆流し、膵液が膵臓そのものを溶かそうとしてしまったときに起きます」と解説します。

 膵臓の局所で起こる病気ですが、比較的早期に全身の重要な臓器に障害を与え、腎不全などを引き起こすため、重症例の死亡率は高いのが特徴です。

 

 

 初期症状は、みぞおちなど上腹部の痛みや不快感です。「軽症の場合は弱い腹痛を訴えるだけの場合もあるが、病気が進行すると、上腹部に激しい痛みを生じます。時間とともに痛みが背中に広がり、背中を丸めた『エビ形姿勢』をとるといくらか楽になります。吐き気を伴うことも多いですね」

 

 

 では、急性膵炎はどんなとき発症するのでしょうか。膵液が逆流する原因の一つはアルコールの多飲です。特に、脂っこいものをたくさん食べた後、アルコールをたくさん飲むと、膵液が大量に分泌されたうえ、その出口に炎症が起こって膵液が流れにくくなることがあります。このほか、胆石が原因のことも。膵液の出口と胆汁の出口が一緒なので、ここに胆石が詰まると膵液が逆流してしまうのです。

 

 

 

 「普段から酒をたくさん飲む人、脂肪の多い食事が好きな人、肥満の人などで、突然、上腹部に激しい痛みを生じたら、急性膵炎を疑ってみる必要があるでしょう」と鈴木さんはアドバイスします。

 

 

 

 日ごろからよく「胃痛」が起きる人でも、「痛み方がいつもより激しい」「痛みが背中に広がった」など、これまで経験したことのない痛み方がある場合には、すぐに救急車を呼びましょう。

 

 

 

 

主人が定年後も毎日飲酒を続けていたからか、一度膵炎を患いました

その時はまだ取り返しのつく症状ですみましたが、もう少し症状がすすんでいたら加齢も加わって膵臓自体がだめになっていたかもしれないと言われたのを覚えております

最近の若い方は昔に比べお酒を飲まないと聞き及んでおりますが、毎日飲まれる方などはお気を付けください