80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

「乳がんは遺伝することがある」これって本当?

血縁に乳がんの人がいる場合は注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 今までのケースに当てはまる場合、どれくらいの頻度で検査をおこなえばよいのでしょうか?

 

島田先生: 基本的に通常のリスクの方には、年に1回の検査をおすすめしています。しかし、BRCA遺伝子に異常がある方は、25歳から開始し、半年~1年に1回の画像診断による検診を推奨します。検査方法には特に25~30歳の若年には検査による被ばくなどを避けるためMRI検査もおこなわれます。体の負担にならない方法を、年齢や乳房のコンディションにあった検診の計画を乳腺科の先生と相談しながら進めるとよいでしょう。

 

 

 

 

 ・ 予防のために、なにかできることはありますか?

 

島田先生: 喫煙は乳がんに限らず、がんになるリスクを上げるので推奨できません。アルコールも過度の飲み過ぎは、体に悪影響です。毎日飲んだり、過度な量を飲んだりすることは控えましょう。

肥満もホルモンバランスに影響を与えるため、閉経後は特に注意が必要です。また、週に1時間以上の運動習慣は、乳がん発症のリスクが下がることが分かってきました。肥満予防にもいいと思いますので気持ちよく続けられる運動を心掛けてみましょう。