80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

睡眠は9時間以上が85%!? 元気な100歳100名の長寿の秘訣

厚生労働省の発表(2020)では100歳以上は8万人を超え、平均寿命も男性81.64歳、女性87.74歳と年々延びています。けれども、健康寿命は平均寿命よりも約10年短いとされています。

そこで健康長寿の秘訣を探るべく、元気な100歳以上の方100名と、そのご家族・近親者に生活実態調査を行いました。

 

 

 

元気な100歳以上の方は睡眠時間9時間以上が85%

睡眠時間を聞いたところ、9時間以上睡眠をとっている方が85%となり、そのうち11時間以上寝ている方も46%いました。また、寝る時間は21時台が40%と一番多く、朝起きる時間は6時台が38%という結果でした。さらに、お昼寝は約8割がしており、その時間は31分以上60分未満が一番多い結果となりました。

 

*73%が睡眠に満足 また、日々の睡眠に満足しているかを聞いたところ、73%の方が満足されていました。満足度が一番高い睡眠時間は11時間以上だとわかりました。

通常、睡眠時間は年齢とともに短くなる傾向にあるといわれ、さらにコロナ禍で睡眠不足になる方も多いといわれる中で、元気な100歳は日々しっかりと睡眠をとっているようです。

 

 

元気な100歳以上の方は1日30分以上体を動かしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の調査では、睡眠時間9時間以上が85%であり、「予想外に」睡眠時間が長い結果でした。ただし、73%という高い割合の方が睡眠に満足しているという結果を考慮すると、健康長寿に関連するのは睡眠の量よりも質なのかもしれません。

年を取っても好奇心を持ち、いろんなことに挑戦することも健康長寿のコツです。デジタル機器を用いてオンラインで交流を深めているという実態はとても好ましいものだと考えます。コロナ禍であっても終息後を見据え、周囲との交流を前向きに捉えられている様子も私自身が気持ちの有り様として見習いたいと思いました。 

 

 

 

 

 

私も健康でいられるのなら百歳を越えて生きてみたいと思っております

足が悪い以外は幸いにも家事をこなせてデジタル機器も孫たちのおかげでなんとか使えておりますので、記事のように睡眠時間を大事にして健康であり続けたいと思っております