80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、気に留まった話を覚え書きしていきたいです

原因不明の痛み・不調が続くときに疑われる「心身症」とは?

 

 

心身症はストレス関連疾患

 

 

 

 

 

 

 

原因不明の症状が続く場合は心療内科

まずは身体の症状に該当する病院へ行くことを心がけてください。それは重大な病気の前触れという可能性も十分あり得るからです。

 

心身症について、医師の判断はとても難しいものになります。医師はまず身体に出ている症状について調べ、投薬などの治療にあたります。そして、その症状について検査をしたものの原因が見つからない症状に対して、初めて心身症を疑います。

 

心身症心療内科が専門の診療科となるので、心身症を疑われた時には身体疾患を治療していた科から移動することになるでしょう。心療内科は、心身医学に基づき身体の疾患を診る診療科なので、頭痛という症状が出ていてもメンタル面の不調からくるものだろうと本人が判断して、最初から心療内科を訪れても構いません。心療内科は内科の1つでもあるので、器質的なものかどうかをしっかりと検査してくれます。

 

 

治療は、身体の症状に対するものと、メンタル面に対する治療が必要になります。別々ではなく、心身を同時に診療することで心理状態と身体機能のつながりを正常に戻していくのです。同時に治療する必要があるため、どちらも治療することができる心療内科が適しています。