80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

アトピー性皮膚炎の治療薬が近年続々と登場 期待の新薬

2021年はアトピーの新薬ラッシュとなりそうです。すでに18年にIL-4α受容体を標的とした注射薬デュピルマブ(商品名:デュピクセント)が登場し、症状が重いアトピー患者さんに対する強力な治療選択肢となっています。

 

また、20年にはJAK阻害剤であるデルゴシチニブ軟膏(商品名:コレクチム軟膏)が登場しました。さらに年末にはJAK阻害剤の内服薬であるバリシチニブ(商品名:オルミエント)がアトピーの治療薬として承認されました。今回はこれら新薬の特徴についてアトピーの病態メカニズムを絡めて解説したいと思います。

 

 まずアトピーの病態ですが、三つの大きな原因が悪さをしていることが知られています。一つ目が肌の乾燥、二つ目が免疫の異常、三つ目がかゆみです。この三つはそれぞれが悪循環を引き起こしています。例えば、免疫の異常がかゆみを引き起こし、ひっかくことで肌の乾燥はさらに進み、そしてまた免疫の異常を悪化させるという具合です。

 

 

 

1つ目のデルゴシチニブ軟膏はすでに病院で使われており、1日2回、1回5グラムまで使用可能な塗り薬です。5グラムチューブで約700円ですので、3割負担の人で約210円の支払いになります。私が処方している実感としては、薬の強さはステロイドのストロングクラスくらい。プロトピック軟膏よりは少し弱い印象を受けます。ニキビなどの副作用はありますが内臓への副作用は報告されていません。こちらは16歳以上のアトピー患者さんが対象です。

 

 

2つ目にバリシチニブは飲み薬のJAK阻害剤です。さまざまなデータをみるとデュピルマブと同程度の効果が期待できそうです。副作用として上気道感染などがあるとされており、安全面から生物学的製剤の扱いに慣れた皮膚科専門医に処方してもらうことが大事です。こちらは内服薬ですが値段は1錠4ミリグラムが5223円。3割の負担の人でも約1500円になります。この薬剤はデュピルマブ同様にこれまでの標準治療で十分な効果が得られなかったアトピー患者さんが対象となります。

 

 

 

また、治験が進んでいる薬剤はほかにもあり、治療選択肢がぐっと広がります。使用にあたって悩むポイントとしては、効果は優れているけれども値段が高いという点でしょう。

 

しかし、これに関しては高額療養費制度や会社の保険制度を活用して値段を抑えられる可能性があります。自己判断で新薬をあきらめる前に主治医に一度相談してみることをおすすめします。私たち皮膚科医にとってもアトピー患者さんにとってもコロナで大変な2020年でしたが、2021年は希望の年となることを願っています。

 

 

 

 

孫の一人が皮膚炎に悩まされていた時期があるので患者様の方々の苦労や悩みは推し量られます

これからの時代はそういった病で苦しむ方々が減る希望の時代であってほしいものです