80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

西日本から東北、7日にかけ大雨警戒

気象庁によると、6日から7日にかけて、西日本から東北の広い範囲でも大雨の恐れがある。

 

局地的に猛烈な雨に見舞われる所もあり、同庁は「3日からの大雨で地盤が緩んでいるところもある」などとして、土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒を呼びかけている。

 

 

 同庁によると、7日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国の太平洋側で300ミリ、近畿中部と近畿南部、岐阜、静岡県で250ミリ、甲信で200ミリ、関東南部で180ミリ、東北の日本海側で100ミリなど。

 

 

 前線は8日以降も本州付近に停滞するため、引き続き警戒が必要としている。