80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

頭部出血の男性、小5の8人が救う 通報後みんなで介抱

路上で転倒してけがをした男性(89)を介抱したなどとして、立和土小学校(岩槻区)の5年生8人に25日、岩槻署から感謝状が贈られた。

 

 8人は浅見胡太朗君、伊藤汐優(しゅう)君、大田匠真君、岡安大優(だいや)君、菅野隆紀君、斉藤理人君、柴田陸君、横森瑛翔君。

 

 

 署によると、岩槻区黒谷の路上で先月30日午後4時20分ごろ、側溝に歩行器をとられて転倒した男性を、すぐ近くの公園で遊んでいた浅見君たちが見つけた。

 

 

 慌てて近寄ると、男性の頭から出血しているのが目に入ったという浅見君。

「とにかく助けを呼ばないと」と、自分のスマートフォン110番通報した。8人は救急車や署員が来るまで、近くの大人を呼び、「大丈夫ですか」と男性に声をかけ続けて励ました。男性は頭を数針縫ったが命に別条はなかった。

 

 

 感謝状を贈られて「うれしい」と笑顔を見せた浅見君。山崎満署長は「これからも困っている人を見たら手を差し伸べてもらいたい」と話した。

 

 

 

 

悲観的な報道が多い時勢ではありますが、このような話題を目にすると明るい気持ちになれる気がいたします