80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

腰の痛み...すぐできる腰痛を和らげる方法

40代以降の方は腰痛に悩まされている方も多く、 その理由は加齢だけでなく更年期にも原因が隠れている場合があります。

 

腰痛の原因は様々ありますが、エストロゲンの急激な低下により自律神経が乱れ、血行不良を招き、腰痛の一因になります。 それに加え、ストレスや運動不足も腰痛の原因になります。仕事や家庭のトラブルで心労を抱えている方は要注意です。そして、普段の生活で十分な運動を行っていないと筋力そのものも弱ってしまいます。

 

 

腰痛を和らげる方法

 

1.軽めのストレッチ

無理のない範囲で適度なストレッチ運動を行うと、腰痛の痛みを軽減できます。仰向けに寝て、片脚をくの字に曲げ、両手で膝を抱えます。その状態で脚を胸に引きつけ、5秒間ほどキープしましょう。
これを10回、左右両脚行います。

 

腰回りの筋肉のストレッチもご紹介します。
仰向けに寝た状態で、片脚を上げ、膝裏を両手で抑えながら、ゆっくり膝を伸ばします。


これも5秒間、左右10回ずつ行います。

あくまでも負担がかからない程度に軽めに行うことが肝心です。腰や脚に痛みを感じるようなら、すぐに中断しましょう。

 

 

 

2.からだに歪みを起こさない姿勢
長時間、同じ姿勢をとるのは腰にとってよくありません。とくに立ち仕事の場合はなかなか自己都合で休みをとりづらく、痛みが悪化する原因にもなります。

 

正しい姿勢を意識することが大事です。立っている場合はあごを引く、下腹を引っ込める、背筋や膝を伸ばし、脚を開く幅は肩幅よりもやや狭くすることを意識しましょう。きれいな姿勢をとるだけでも負担が軽減されます。座っている場合も同様です。あごを引き、背筋はきちんと伸ばしましょう。

 

重い物を持たないなど、普段から腰をいたわる生活を意識することもとても大事です。また、偏った姿勢もからだを歪ませる原因になります。ほおづえをつく、片脚に重心をかけるなど、悪い姿勢は腰にとってもよくありません。