80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

痛い治療は何だったのか…「虫歯」は一生治らないって本当?

Q.「虫歯も歯周病も治らない病気」というのは本当ですか。一生治らないということでしょうか

 

宮本さん「『虫歯も歯周病も治らない病気』というのは本当です。発症して、治療をして症状が治まっても一生、完治はしません。皆さんは虫歯について、『歯に穴が開いていないから虫歯じゃない』と思っていませんか。あるいは、歯周病について、『歯茎の腫れがないから歯周病じゃない』と考えていませんか。

 

虫歯で歯に穴が開くのは、虫歯の目に見える症状が出ているだけです。歯周病で歯茎が腫れるのは、歯周病の目に見える症状が出ているだけです。虫歯の原因の虫歯菌と、歯周病の原因の歯周病菌は常に口の中に住み続ける『口腔(こうくう)内常在菌』で、完全に取り除くことは不可能です。そのため、目に見える症状がないからといって、治ったわけではありません」

 

 

Q.しかし、歯科医院で治療を受けたら、「治った」と思ってしまいます。

宮本さん「医学的に病気が治ることを『完治』といいます。これは病気が完全に消失して、再発する可能性がない状態を表します。例えば、骨折の場合は治ると『完治した』といいます。骨は大きな力がかかって折れてしまいますが、いったん骨がくっつくと、元の状態に戻ります。骨が弱くなって、またすぐ、骨が折れることはありません。骨折は完全に治ります。

 

これに対し、目に見える症状が一時的になくなっても、再発する可能性がある場合は『寛解(かんかい)』といいます。例えば、リウマチの場合は症状が落ち着くと『寛解した』といいます。症状がなくなったように見えますが、体内にはリウマチの原因の因子が残っており、治療・管理を続けないとすぐに再発して、リウマチの症状が出てしまいます。体の中に原因があり続ける限り、完治はしません。

 

リウマチ同様、虫歯も歯周病も管理・治療を続けないと常に症状が出る可能性があり、完治はしないのです。ちなみに、理論的には器具を滅菌するようにすれば、虫歯菌も歯周病菌もいなくなります。しかし、そのためには121度という高温で20分間滅菌しないといけません。菌の前に自分の体がやられてしまいます」

 

 

 

 

歯の病気を甘く見てはいけないと家族にもずっと言い続けています

虫歯の放置が命に関わるというのを身近で知るまでは私自身もたかをくくっていたので、若い方にも歯の治療の大事さを知ってもらえればと思います