80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、気に留まった話を覚え書きしていきたいです

天気の変化で歯周病が悪化

低気圧がくると頭痛が起こる、天気の変化で体調不良が起こる人はけっこういるのではないでしょうか。そしてこうした天気の変化でも歯周病が悪化することがあるらしい、という話を聞きました。果たして本当なのでしょうか。

 

天気の変化が歯周病に影響する……。ちょっとびっくりしてしまう話ですね。台風シーズンですから、気になる人もいるでしょう。

 

 実はこれは本当の話です。2015年に岡山大学歯学部予防歯科学の森田学歯科医師らのグループが、「慢性歯周炎(歯周病)が急性化するのは気象変化後1~3日である」という研究論文を発表しています。つまり、科学的に証明されているのです。

 

 研究では岡山大学病院を受診した、「安定期にある慢性歯周炎患者」延べ2万人のうち、腫れや痛みなどの急性期症状を発症した患者さん(発症率1.87%)を対象にしています。このうちプラーク歯垢)の付着など、歯周病の悪化に歯科関連の要因が引き金になっていると考えにくいケースに注目し、天気のデータとの関連を調べたところ、「気圧が急激に低下した」「1時間ごとの気温上昇が大きかった」日の1~3日後に発生しやすいという結果が得られたのです。

 

 歯周病の原因は口の中の歯周病菌であり、細菌の塊であるプラーク歯垢)です。だとすればなぜ、天気の変化で歯周病が悪化するのでしょうか?

 

 実は歯周病の患者さんの場合、きちんと歯みがきができているのにある日突然、歯ぐきが急激に腫れて痛みが起こり(歯周病の急性発作といいます)、クリニックにかけこんでくることがあります。

 

 患者さんに思い当たることはないかうかがうと、「仕事が忙しい」「からだがとても疲れている」「寝不足(あるいはまったく寝ていない)」などのケースが多いのです

 

歯周病は口の中で歯周病菌が繁殖することに加え、免疫力の低下、喫煙などある種の生活習慣、生まれつきの歯周病のなりやすさ(遺伝)、年齢(加齢とともに起こりやすくなる)、性別(女性)、歯並びの悪さやかみ合わせの悪さなどが複雑にからみあって起こります。

 

 仕事が忙しい、疲れている、という人は免疫力の低下が起こっている可能性が高く、これが歯周病を悪化させている引き金と考えられます。免疫力が低下すると歯周病菌の活動を抑えきれなくなり、歯みがきをきちんとしていても症状が悪化することがあるのです。

 

 また、ストレスや緊張があると自律神経のうちの交感神経が過剰に働き、その結果、白血球の一部である顆粒球が増加して炎症性物質が増えるという指摘もあり、これが歯ぐきの炎症を引き起こしている可能性もあります。

 

 天気についても、その変化が交感神経やホルモンに何らかの影響をおよぼしているのではないかと森田学歯科医師は指摘しています。