80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

舞台集団感染、陽性30人に 出演者や観客

東京都新宿区の新宿シアターモリエールで上演された舞台をめぐる集団感染で、公演を主催したライズコミュニケーションは12日、ホームページで出演者16人、スタッフ5人、観客9人の計30人の陽性反応が確認されたと発表した。

 

 この公演をめぐってはこれまでに出演した俳優の山本裕典さん、原案を担当した映画コメンテーターの有村昆さんらが、それぞれ所属事務所を通じて陽性だったことを公表している。

 

 歌舞伎俳優の尾上松緑が12日、ブログを更新しクラスターを発生した舞台について「ふざけるなよ」「舞台を舐めるなよ」など厳しい言葉で主催者、関係者を叱責した。

 

 「感染者が出てしまった事、感染してしまった事に腹を立てているのではない。それは現状、いつでも何処でも誰にでも起こり得る事だから」と感染した事を責めているのではないとした上で「僕が苛つくのは、日本国内で初めて舞台での新型コロナウイルス集団感染が発生した公演主催者が“体調不良の出演者が居るのを知っていながら上演を強行した”しかも、何の手も打たずに最終日まで全行程、そして“罹患している可能性が有り、それを分かっていたのに出演し続けている者が居た”という事実だ」と説明した。

 

 松緑は「無責任には書きたくないので、伝手を辿って或る程度の確信を持てる話は聞かせて貰った事を先に断っておく」とも記し、「観に来て下さる大切なお客さんを危険に晒す様な真似をしてどうする」とバッサリ。

 

 

 

体調不良者、罹患しているかもしれない者がいるのに強行した、というのは今の時流では批判は免れないでしょう

この病は人の命を奪う病である以上、そういった無責任な判断には私も憤りを感じます