80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

木村花さんが亡くなる直前に愛猫をかごに入れ…残される小さな命を守ろうとした優しさ

「花に送られたコメント、写真、映像を見るにつけ涙が込み上げてくる。心は強いと自負する私だが、歳を重ねると涙腺がもろくなってしまったようだ」と、現在の気持ちを明らかにした上で、「花は飼っていた子猫をカゴに入れ事務所のドア外にそっと置いて旅立ってしまった。

この子猫は花の形見のようだ。だから一層、可愛くも愛おしくも見える」とツイート。木村花さんと愛猫のツーショット写真も投稿した。

 

 木村花さんは、23日未明にインスタグラムに「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」の言葉と共に愛猫とのツーショット写真を投稿。ストーリーズには「さよなら」と綴っていた。

 その直後に帰らぬ人となったようだが、残される愛猫の小さな命を気にかけ、自宅近くにある「スターダム」の事務所前まで、かごに入れて運び、仲間たちに託していたのだ。

 関係者の話によると、木村花さんが病院に搬送されたのは、その後…。ロッシー小川氏のツイッターには、ファンからの「どんな思いで自宅まで歩いて帰ったのか」という、いたたまれない思いも寄せられていた。

 

 実は、この子猫は、先週、生前親交のあったガールズバンド「SILENT SIREN」のメンバー、ひなんちゅから引き取ったばかりの保護猫だったという