80代の毎日覚書

孫に教わりながら日々挑戦、健康などに役立つ話を覚え書きしていきたいです

生活保護の申請急増「安定収入得ていた人でも」 休業のホテル従業員やタクシー運転手ら

新型コロナウイルスによる経済や雇用への影響が深刻化する中、京都市で4月の生活保護の申請件数が前年同月に比べ、4割増えたことが23日までに分かった。企業の業績悪化や休業に伴う失業や減収が原因とみられる。市によると、5月も同様に申請が相次いでいる、という。

 

 4月の申請件数(速報値)は388件で、前年同期比1・4倍に増え、3月より4・8%増加した。4月は窓口に寄せられた相談件数も前年同月比46・1%増の1387件に上った。


 市によると、申請者は客足が途絶えて休業を余儀なくされた飲食店やホテルの従業員、タクシー運転手らが目立ち、解雇や自宅待機を告げられた非正規労働者も多い。中には、子どもからの仕送りがなくなった年金生活者もいる、という。